February 3, 2020 / 6:00 AM / 18 days ago

上海外為市場=人民元1%超下落、対ドルで7元台

[上海/香港 3日 ロイター] - 春節(旧正月)の休場から明けた上海外国為替市場の人民元相場は約1.2%下落し、1ドル=7元の節目を超える元安水準を付けた。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大や経済への影響を巡る懸念から売りが広がった。

新型肺炎による中国国内の死者は2日時点で361人となり、春節に伴う休場前の1月23日時点(17人)から大きく増加した。

国内市場の元は年初来安値で取引を開始し、約1.2%安。1ドル=7元を超える元安水準となっている。

新型コロナウイルスを巡っては、感染拡大のスピードや、当局の対応による経済への影響が懸念されている。

INGのグレーターチャイナ担当エコノミスト、アイリス・パン氏は、警戒感がしばらく続くとの見方を示した。

中国人民銀行(中央銀行)は、リバースレポを通じて総額1兆2000億元を市場に供給した。また、リバースレポ金利を10ベーシスポイント(bp)引き下げた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below