Reuters logo
上海外為市場=人民元3カ月半ぶり高値、年間では9年ぶりの大幅高に
December 29, 2017 / 6:00 AM / in 18 days

上海外為市場=人民元3カ月半ぶり高値、年間では9年ぶりの大幅高に

[上海 29日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、薄商いの中、ドルに対して3カ月半ぶり高値。年間ベースでは2008年以来、9年ぶりの大幅高となる見込み。

ドル指数は1カ月ぶり安値付近で推移している。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日の基準値(中間値)を、3カ月半ぶりの元高水準となる1ドル=6.5342元に設定した。前日基準値(6.5412元)に比べて70ポイント(0.11%)の元高。

元高水準の基準値設定は国内スポット市場の人民元を押し上げた。取引は6.5325元で始まり、一時は6.5100元と、9月11日以来の高値を付けた。

中盤のレートは6.5170元で、前日終値比163ポイントの元高、基準値比で0.26%の元高となっている。

人民元がアジア時間で付けた水準で取引を終了すれば、年間ベースではドルに対して約6.6%上昇する見込み。4年ぶりの上昇となり、2008年以来の大幅高となる。

2016年は約6.5%下落し、1994年以来の大幅安となっていた。

オフショア市場の人民元は6.5244元と、国内の水準に比べて0.11%の元安。

中国招商証券のアナリストはノートで、国内金融市場の流動性のタイト化が最近の人民元の上昇を支援したとの見方を示した。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.6675元と、基準値に比べ2.00%の元安。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below