Reuters logo
上海外為市場=人民元3週間ぶり高値、ドル安や基準値の元高設定で
November 23, 2017 / 6:10 AM / 23 days ago

上海外為市場=人民元3週間ぶり高値、ドル安や基準値の元高設定で

[上海 23日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで3週間ぶり高値を付け、11月2日以来、初めて6.5元台に乗せた。中国人民銀行(中央銀行)がこの日の人民元の対ドル基準値(中間値)を元高方向に設定したことや、ドルの下落が背景。

人民銀行は、この日の基準値を6.6021元に設定。これは10月18日以来の元高水準で、元高方向への1日の変動率としては10月11日以来の大きさとなった。

前営業日の基準値(6.6290元)に比べ269ポイント(0.41%)元高の水準だった。

国内スポット市場の人民元は6.6018元で始まり、中盤のレートは6.5935元。これは前営業日終値比で207ポイントの元高水準。基準値との比較では0.13%の元高。

上海の外資系銀行のディーラーは、家計や企業の年末のドル需要が見込まれることから、人民元は年内は6.5─6.7元で引き続き推移すると予想した。

23日はオフショア市場での流動性逼迫(ひっぱく)は緩和し、借り入れコストは通常の水準に戻った。

香港の財資市場公会(TMA)が公表したオフショア人民元(CNH)の香港銀行間取引金利(HIBOR)翌日物は2.75967%。6月2日以来の高水準となった前営業日の5.97968%から、3.2%ポイント超低下した。

オフショア市場の人民元は6.5919元と、オンショアの水準に比べて0.02%の元高。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.7425元と、基準値に比べ2.08%の元安。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below