March 21, 2019 / 6:16 AM / 4 months ago

上海外為市場=人民元8カ月ぶり高値、FRBの年内利上げ見送りで

[上海 21日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで上昇し、8カ月ぶり高値を付けた。米連邦準備理事会(FRB)が利上げ停止を示唆したことでドルが下落した。

20日まで開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)では、年内の利上げを見送る見通しが示されたほか、米経済の成長見通しも下方修正された。

トランプ米大統領はこの日、中国製品に対する関税を「かなりの期間」維持する可能性を示唆し、通商協議を巡る懸念が広がったが、ドル安による人民元の相対的な上昇がこれを相殺した。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日の基準値(中間値)を1ドル=6.6850元に設定。前日基準値(6.7101元)より251ポイント(0.38%)元高で、2018年7月17日以来の元高水準となった。

国内スポット市場の人民元は6.6799元で始まった後、一時6.6689元と、18年7月13日以来の元高水準を付けた。

ただその後、ドルのショートポジションを手仕舞い、利益を確定する動きが広がった。中盤のレートは6.6839元と、前日終値比104ポイント元高。基準値比では0.02%の元高となった。

オフショア人民元は6.6847元。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below