March 2, 2020 / 6:15 AM / 5 months ago

上海外為市場=元が一時約3週間ぶり高値、米利下げ観測が支援

[上海 2日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで約3週間ぶり高値まで上昇。米連邦準備理事会(FRB)が今月利下げするとの観測が高まっていることが背景。

FRBのパウエル議長は28日に声明を発表し、米経済は引き続き底堅いものの、新型コロナウイルスの感染拡大が経済へのリスクになっており、景気の下支えに向けFRBとして適切に対応すると表明した。

新型ウイルスの感染は、中国では一時の勢いほどではなくなっているものの、中国国外で感染が急拡大している。

ある国内銀行のトレーダーは「FRBの利下げ観測の高まりと、国内の(感染を巡る)状況改善が元を支援している」と述べた。

取引開始前に中国人民銀行(中央銀行)が発表した対ドル基準値(中間値)は6.9811元と、2月17日以来の元高水準。前週末は7.0066元だった。

スポット人民元は1ドル=6.9761元で取引を開始。一時2月12日以来の元高水準となる6.9633元まで上昇した。中盤時点で6.9702元と前週末終値比208ポイント上昇している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below