March 3, 2020 / 5:59 AM / in a month

上海外為市場=元じり安、利益確定売りや企業のドル需要で

[上海 3日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで小幅に値を下げた。元は前日に2カ月ぶりの大幅な上昇率を記録していたため、利益確定売りが出たほか、企業からのドル需要も元を圧迫した。

取引開始前に中国人民銀行(中央銀行)が発表した対ドル基準値(中間値)は6.9516元と、前日の基準値(6.9811元)よりも元高で、2月3日以来の元高水準だった。

スポット人民元は1ドル=6.9600元で取引を開始。中盤時点で6.9708元と前日終値比88ポイント元安となっている。

中国国内で生産を再開する企業が増え、職場に復帰する企業従業員も増えるなか、企業によるドル需要が高まっている。

ある中国の銀行トレーダーは、世界の主要中銀が金融緩和に動くとみられるなか、国内の市場参加者はドルと米株式市場の動きを見極めようとしているため、元相場は現在の水準で値固めの動きとなる可能性が高いと指摘。

米財務省報道官は2日、主要7カ国(G7)の財務相・中央銀行総裁が3日に電話会議を行い、新型コロナウイルスの感染拡大による経済的な影響への対応策を協議すると明らかにした。

オフショア人民元は中盤時点で6.969元となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below