Reuters logo
上海外為市場=元は上昇、企業のドル買いで上値重い
2017年3月6日 / 06:20 / 8ヶ月後

上海外為市場=元は上昇、企業のドル買いで上値重い

[上海 6日 ロイター] - 週明け6日の上海外国為替市場の人民元相場は、基準値の元高・ドル安設定を受けて上昇した。ただ、企業のドル買いにより上値は重かった。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日の取引開始前、基準値を1ドル=6.8790元と、前週末同値の6.8896元より元高・ドル安に設定した。

直物は正午時点で、前週末終値比0.0046元の元高・ドル安の6.8944元。

イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は前週末、雇用や物価に関する指標が持ちこたえる限り、今月に利上げを行う準備があると表明。これを受け、ドルの利食い売りが進んだ。

ある外資系銀行のトレーダーは「3月利上げをめぐる報はすでに消化されたため、今後は市場に大きな影響はないだろう」と指摘。世界の為替相場を左右するのは、トランプ米大統領の発言だと語った。

市場では、元が前週末に心理的な節目である6.9元を割り込んだことで、一段の下落観測が増大し、6日朝の企業によるドル買いにつながったとの声が出ている。

一方、一部アナリストは5日の中国全国人民代表大会(全人代)で発表された政府活動報告から、通例の「元を適切で均衡の取れた水準に、安定的に維持する」との表現が消えたことを指摘した。OCBC銀行は顧客向けノートで「政策トーンの修正は、人民元改革が今年は小休止となることを示唆している」と分析した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below