May 17, 2018 / 5:20 AM / 10 days ago

上海外為市場=元は小幅高、米中通商協議に注目

[上海 17日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで小幅高。この日の基準値(中間値)が元高方向に設定されたことが背景。企業のドル売りも出ている。

市場では、引き続き米中貿易摩擦に対する関心が高い。ワシントンで行われる第2回米中通商協議の結果が待たれている。米政府高官によると、対中強硬派として知られるナバロ米通商製造政策局長は、通商協議で米国交渉団を主導しない見通し。

この日の基準値は1ドル=6.3679元。前日の基準値(6.3745元)に比べて66ポイント(0.1%)の元高だった。

国内スポット市場の元は6.3658元で始まった。中盤のレートは6.3601元。前日終値に比べて104ポイントの元高、基準値比では0.12%の元高。

今後の元の方向性については、市場関係者の見方が分かれているが、ドル高が継続すれば、再び売り圧力に見舞われるとの見方は多い。

オフショア人民元は6.3519元。国内スポット市場に比べ0.13%の元高となっている。

人民元の1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.4605元。基準値比で1.43%の元安となっている。

中国商務省が発表した1─4月の中国への海外直接投資(FDI)は0.1%増。1─4月の金融を除く対外直接投資(ODI)は前年比34.9%増だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below