April 23, 2018 / 5:33 AM / 5 months ago

上海外為市場=元小幅高、基準値の元安設定で企業がドル売り

[上海 23日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで小幅上昇。中国人民銀行(中央銀行)がこの日の基準値(中間値)を大幅な元安方向に設定したこと受けて、企業のドル売りが出ている。

この日の基準値は1ドル=6.3034元。前週末の基準値(6.2897元)に比べて137ポイント(0.2%)の元安水準だった。これは4月10日以来の元安。海外市場のドルの値動きを反映した。

国内スポット市場は、1ドル=6.2957元で始まった。中盤のレートは6.2943元と、前営業日終値に比べ33ポイントの元高。基準値比では0.14%の元高。

市場関係者によると、1ドル=6.3元が心理的に重要な節目となっており、この水準に近付くと、企業のドル売りが出るという。

国有銀行が人民銀行の委託でドルを売っている兆候はないという。

一部の市場関係者の間では、米利回りやドルの値動きを見据えながら、今後もレンジ取引が続くとの見方が出ている。

米中貿易摩擦の緩和に期待を寄せる声も出ている。ムニューシン米財務長官は21日、通商問題での米中の緊張が高まる中、訪中を検討していることを明らかにした。

スコシアバンクの為替ストラテジストは、当面1ドル=6.3元前後での値動きが続くと予想。

分析会社イースト・アンド・パートナーズがアジアの輸出入業者1850社を対象に実施した調査では、元高の進行に歯止めがかかる中、元は今後1年、対ドルで横ばいで推移するとの見方が多かった。

同社のリードアナリストは「ドル安と市場心理の改善を予想している。調査によると、経済ファンダメンタルズの改善と米中貿易摩擦の緩和で、年内は小幅な元高が進行する見通しだ」と述べた。

オフショア人民元は6.2914元と、国内スポット市場に比べて0.05%高の元高。

人民元の1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.387元。基準値に比べ1.31%の元安となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below