June 28, 2019 / 5:55 AM / 19 days ago

上海外為市場=小幅上昇、米中首脳会談を控え模様眺め

[上海 28日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は薄商いのなか対ドルで小幅上昇。29日の米中首脳会談を控え、模様眺めの展開となっている。

国内銀行のトレーダーは「(米中首脳)会談の結果がポジティブになるかネガティブになるか予想するのは難しいが、現時点での通商協議決裂の可能性は低いようだ」と話した。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日の基準値(中間値)を1ドル=6.8747元に設定。前日基準値(6.8778元)と比べて31ポイント(0.05%)元高となった。

国内スポット市場の人民元は6.8730元で始まった。中盤のレートは前日終値比38ポイント元高の6.8740元。この水準で取引を終えれば、週間では0.09%安となる。

OCBC銀行の為替ストラテジストはリポートで、中国で6月の経済指標の発表が始まることから、向こう数日間は中国発のニュースに伴うリスクが高まるとの見方を示した。

オフショア人民元は中盤時点で6.8748元。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below