September 21, 2018 / 9:48 AM / a month ago

上海短期金融市場=人民元金利が上昇、連休控え現金需要

[上海 21日 ロイター] - 今週(17─21日)、上海短期金融市場の人民元金利は上昇した。中秋節、国慶節の2回にわたる連休と法人税の定期払いを控えて現金需要が増加。地方債発行が集中していることも全体の流動性をタイトにした。

中国の全般的な流動性の指標とされる7日間レポ金利(加重平均)は21日午後時点で、2.6429%。前週末引け時点の2.6184%に比べ2.45ベーシスポイント(bp)上昇している。

7日物の上海銀行間取引金利(SHIBOR)は前週末に比べ0.9bp上昇の2.6540%。

翌日物レポ金利は2.5128%、14日物レポ金利は2.8331%。

中国人民銀行(中央銀行)は21日、定例オペを見送った。今週のオペを通じた資金供給は差し引き600億元(87億8000万ドル)、前週は3300億元だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below