Reuters logo
上海短期金融市場=人民元金利が低下、週半ばには一時上昇
2017年3月24日 / 08:10 / 8ヶ月後

上海短期金融市場=人民元金利が低下、週半ばには一時上昇

* 関連グラフィック

* link.reuters.com/xuv83w

* link.reuters.com/ken99s

* link.reuters.com/sum99t

[24日 ロイター] - 上海短期金融市場での人民元金利は、週半ばに数年ぶりの水準に上昇したが、24日には低下した。月末に予定される中国人民銀行(中央銀行)の審査をめぐる懸念から流動性がひっ迫したことが上昇の背景。

主要指標の7日物レポ金利(加重平均)は24日正午時点で2.8076%と、前日比21ベーシスポイント(bp)、週間では12bp、それぞれ低下した。  

トレーダーらによると、24日の相場は落ち着きを取り戻しており、資金需給は均衡しているものの、依然として若干引き締まり気味だという。  

ある地場銀行の在上海のトレーダーは、来週予定される人民銀の四半期に1度のマクロ健全性審査(MPA)の結果次第で、再び流動性がひっ迫する可能性があると指摘した。  

今回のMPAは、簿外の資産管理事業の商品を初めて審査対象に含める。  

人民銀は24日にはオペを行わなかった。週間ではネットで800億元の供給だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below