July 14, 2017 / 10:02 AM / 6 months ago

上海短期金融市場=人民元金利が低下

[上海 14日 ロイター] - 14日の上海短期金融市場の人民元金利は低下した。中国人民銀行(中央銀行)の流動性供給が背景。ただ市場の需給は来週、銀行が納税や預金準備の義務を果たすために動いて、逼迫(ひっぱく)する可能性がある。  流動性の指標とされる7日物レポ金利(加重平均)は2.7462%と、前日引け時の平均金利よりも約6ベーシスポイント(bp)低い水準。  中国人民銀はこの日、公開市場操作のリバースレポを通じ、1億元を供給。人民銀は今週、差し引き700億元を吸収した。先週は2500億元の吸収だった。  ANZの市場エコノミストは「市場の流動性は十分な状況だ。だが、来週については銀行の納税、預金準備の拠出を考慮することが重要だ」と指摘。こうした要因で来週、市場から8000億─1兆元が吸い上げられる見込みで、人民銀がまず資金の供給を望んでいると説明した。  翌日物レポ金利は2.6028%と、前週末比約2bp低下。14日物レポ金利は3.4413%と、前週末比4bp超上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below