Reuters logo
上海短期金融市場=人民元金利が低下
2017年10月20日 / 08:49 / 1ヶ月前

上海短期金融市場=人民元金利が低下

[上海 20日 ロイター] - 今週(16─20日)の上海短期金融市場の人民元金利は、潤沢な流動性を理由に低下した。中国人民銀行(中央銀行)は中国共産党大会開催を背景とした市場安定に向け、週間ベースでは9カ月ぶりの大きさとなる資金供給を実施した。

習近平国家主席は共産党大会開幕に当たり、中国は為替レートと金融システムについて、市場志向の改革を深化させると表明した。会期は24日まで。

流動性の指標とされる7日物レポ金利(加重平均)は、20日午後に前週末引け時点比約2ベーシスポイント(bp)低下の2.8024%となった。

市場参加者は金利低下について、資金需給の緩みが理由だとしている。人民銀は今週リバースレポを通じ、差し引き5600億元(約846億3000万ドル)を供給した。前週は差し引き2400億元の吸収だった。今週の資金供給は1月半ば以来の大きさだった。

20日の10年物中国国債利回りは3.726%と、前週末引け時点を約4bp上回る水準だった。中国系銀行のあるトレーダーによると、人民銀の周小川総裁の発言に堅調な経済成長見通しが含まれていたことや、今週発表された7─9月の中国国内総生産(GDP)統計が、国債利回り上昇の要因。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below