December 22, 2017 / 8:53 AM / a month ago

上海短期金融市場=人民元金利はまちまち

[上海 22日 ロイター] - 今週(18─22日)の上海短期金融市場の人民元金利はまちまち。短めの金利が低下した一方、長めの金利は上昇した。金利上昇は流動性逼迫(ひっぱく)が理由だが、来週初めまでに財政省の資金供給で需給は緩和する見通し。

流動性の指標とされる7日物レポ金利(加重平均)は22日午後時点で前週末引け比約16ベーシスポイント(bp)低下の2.7577%。

一方、14日物レポ金利は上昇。年末の金融機関の需要増加が理由で、前週末引け比約20bp上昇の4.3579%。

トレーダーによると、総じて潤沢な銀行システムの流動性を背景に市場の地合いは良好だが、年末や連休用の銀行資金はなお必要とされている。

CITIC証券のアナリストは、流動性逼迫対策として、当局が来週初めに巨額の資金を銀行システムに注入すると見込んでいる。

中国人民銀行(中央銀行)は今週、公開市場操作で差し引き2000億元を供給した。前週の供給規模は800億元だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below