August 10, 2018 / 11:02 AM / 7 days ago

上海短期金融市場=人民元金利は低下、流動性非常に高く

[上海 10日 ロイター] - 今週の上海短期金融市場で人民元金利は低下した。流動性は依然として非常に緩和的だ。景気減速に加えて貿易環境が悪化する中、中国人民銀行(中央銀行)は景気押し上げのため流動性供給を続けている

流動性は既に潤沢で、人民銀は2週連続で定例の公開市場操作を見送った。先週は満期を迎えるリバースレポで、2100億元が吸収された。

今週は満期を迎えたリバースレポはなかった。人民銀による公開市場操作を通じた資金の供給または吸収がなかったことを意味している。

中国の全般的な流動性の指標とされる7日物レポ金利(加重平均)は、10日午後時点で2.3082%と、前週末引け時の2.3806%に比べ7.2ベーシスポイント低い水準。

7日物の上海銀行間取引金利(SHIBOR)は2.4260%と、前週末引け時に比べ9.9ベーシスポイント低い水準。

翌日物レポ金利は1.8171%、14日物レポ金利は2.1578%だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below