February 24, 2017 / 5:34 AM / a year ago

上海短期金融市場=人民元金利は週ベースで上昇、流動性は緩和

[上海 24日 ロイター] - 今週の上海短期金融市場の人民元金利は一時、2015年6月以来の高水準に急上昇した。ただ、週末24日は流動性逼迫(ひっぱく)が緩和し、若干低下した。

流動性の指標とされる7日物レポ金利(加重平均)は24日中盤の段階で2.8012%と、前日引け時の平均金利に比べ約6ベーシスポイント(bp)低い水準。先日引け時は約20カ月ぶりの高水準だった。前週末の水準を1.4bp上回っている。

トレーダーらは、流動性状況に対する圧力が24日に緩和し、マネー需給が均衡したと説明した。

複数のトレーダーは、流動性供給は来週も均衡するとの見通しを示した。

人民銀は今週、公開市場操作を通じて金融市場に1550億元を純供給した。前週は1500億元を純吸収していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below