Reuters logo
上海短期金融市場=人民元金利上昇、企業の税払いで流動性低く
2017年8月18日 / 09:13 / 1ヶ月前

上海短期金融市場=人民元金利上昇、企業の税払いで流動性低く

[上海 18日 ロイター] - 今週(14─18日)の上海短期金融市場の人民元金利は上昇した。中国人民銀行(中央銀行)は資金供給を行ったが、季節要因で相殺され、流動性はタイトなままとなっている。

流動性の指標とされる7日物レポ金利(加重平均)は18日時点で2.8524%と、前週末引け時の平均金利比0.015%上昇。16日には、一時6.5%まで急上昇する場面もあった。

トレーダーによると、企業の税払いや銀行の準備預金への対応で、今週は急に流動性が逼迫(ひっぱく)したという。

人民銀は今週、リバースレポを通じ、差し引き1100億元を市場に供給した。

また、15日には1年物の中期貸出ファシリティ(MLF)で3995億元を供給した。一方、この日の1年物資金の償還額は2875億元だった。

市場関係者は、今週の金利急上昇は、主に企業の税払いによるものだと指摘。市中銀行の超過準備への金利が低水準であることも影響したという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below