September 27, 2019 / 5:24 AM / 23 days ago

上海短期金融市場=人民元金利低下、国慶節の連休控え流動性潤沢

[上海 27日 ロイター] - 27日の上海短期金融市場では、四半期末を控え流動性状況が改善し、人民元金利が低下した。ただ、10月1日の国慶節(建国記念日)に伴う大型連休を前に、資金需要の高まりもみられる。

7日物レポ金利(加重平均)は2.4301%で、前週末の2.7994%から約37ベーシスポイント(bp)低下した。

前日2カ月半ぶり低水準をつけた翌日物レポ金利も引き続き軟調。

ある中国のトレーダーは「銀行間市場の流動性はおおむね緩い」と指摘し、人民銀行が14日物リバースレポを通じて、建国記念日後の流動性を確保するため資金供給を続けていることから、市場のセンチメントは安定している、と説明した。

中国の金融市場は10月1─7日に中華人民共和国の建国70周年を祝う国慶節の祝日で休場となる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below