July 20, 2018 / 9:45 AM / a month ago

上海短期金融市場=人民元金利、低下

[上海 20日 ロイター] - 今週(16─20日)の上海短期金融市場の人民元金利は低下した。中国人民銀行(中央銀行)の資金供給が要因。人民銀は米中貿易摩擦に伴うリスクへの対策として、中小企業の資金面の負担軽減に向けて準備している。

人民銀は20日、この日の公開市場操作を見送ったと発表。この結果、今週は差し引き5400億元(約798億ドル)の資金供給と、2月以来の高水準を記録した。市場関係者によれば、市場の流動性は最近数週間、既に潤沢だったが、今週の資金供給はこうした状況に拍車を掛ける動きだった。

中国の全般的な流動性の指標とされる7日物レポ金利(加重平均)は20日午後の段階で2.6243%。前週末引け時の水準を2.2ベーシスポイント(bp)下回った。翌日物は2.3277%、14日物は2.8583%。

7日物の上海銀行間取引金利(SHIBOR)は前週末比1.1bp低下の2.6750%。 人民銀は商業銀行の手元流動性を厚めにさせる見通し。融資拡大につなげるほか、企業や地方政府の資金調達機関などが発行した債券の買い取りを促すのが狙い。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below