June 29, 2018 / 10:18 AM / 17 days ago

上海短期金融市場=人民元金利、小幅上昇

[上海 29日 ロイター] - 今週(25─29日)の上海短期金融市場の人民元金利は小幅上昇した。中国人民銀行(中央銀行)主導の金融機関の健全性審査、四半期末の資金需要増加が要因。

全般的な流動性の指標とされる7日物レポ金利(加重平均)は29日午後時点で3.0116%と、前週末引け時の2.7260%を約29ベーシスポイント(bp)上回る水準。

人民銀は今週発表した声明で、満期を迎えるリバースレポで資金を吸収しても、月末の財政支出拡大もあり、今後数日中に国内銀行システムの流動性水準は改善すると表明した。ある中国の銀行トレーダーは、この声明が市場の地合い改善につながったと指摘した。

人民銀は24日、預金準備率を50bp引き下げると発表した。引き下げは今年3回目で、米連邦準備理事会(FRB)が利上げを進め、米中の貿易摩擦が激化する中で明らかにされた。

人民銀は今週、公開市場操作で差し引き3700億元を吸収した。先週は差し引き1400億元の供給だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below