January 5, 2018 / 11:09 AM / 13 days ago

上海短期金融市場=人民元金利、週間で低下 資金需要が減退

[上海 5日 ロイター] - 今週(2ー5日)の上海短期金融市場の人民元金利は低下した。昨年末に資金需要がピークを打ち、その後は減退した。

流動性の指標とされる7日物レポ金利(加重平均)は前週末引け比約41ベーシスポイント(bp)低下の3.0912%。

新年第1週の今週は、流動性の状況が緩和された。季節的な要因で資金需要が大幅に減少した。

中国人民銀行(中央銀行)は、銀行システムの流動性は「比較的高い」水準にあり、満期を迎えるリバースレポを十分吸収できるとの見解を示している。

人民銀は今週、公開市場操作で差し引き5100億元を吸収した。前週の吸収規模は2900億元だった。

それでもトレーダらは、今月半ばから流動性をめぐる懸念が再浮上し始めるだろうと予想している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below