April 2, 2018 / 5:22 PM / 21 days ago

中南米金融市場=メキシコペソ下落、中国の対米報復関税受け貿易戦争懸念再燃

[ブラジリア 2日 ロイター] - 中南米金融市場では、メキシコペソが下落し、中南米通貨の下げを主導。中国が米国によるアルミニウム・鉄鋼輸入関税への対応として、128の米国製品に最大25%の追加関税を導入したことを受け、米中貿易戦争を巡る懸念が再燃した。

中国の対米報復関税を受け、リスク資産を売りドルを買う動きが高まり、メキシコペソは対ドルで0.8%下落した。

株式市場でもリスク回避の動きが歯止めとなり、ブラジルのボベスパ指数は0.1%高と小幅な上昇にとどまった。

資源大手ヴァーレが高い。新たな配当方針が好感された。また、中国による米輸入品への追加関税から恩恵を受ける可能性があるとの見方から、食肉加工大手BRFも買われた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below