March 28, 2018 / 6:12 PM / 25 days ago

中南米金融市場=株価下落、貿易摩擦不安や米ハイテク株安で

[サンパウロ 28日 ロイター] - 中南米金融市場では、株価が全般的に下落。貿易摩擦への不安や米ハイテク株の下げ、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡る不透明感が圧迫要因になった。

中国国営紙の環球時報は、中国政府が、中国製品に新たな関税を課すとした米国への対抗措置として、報復関税を課す米国製品の品目リストを間もなく公表すると報じた。

ある市場関係者は「トランプ米大統領が今後も『米国第一主義』を貫き、保護主義色を強めていくとの懸念から、世界的に市場の不安定な動きが続くだろう」と述べた。

中南米の主要株価指数は軒並み下落。メキシコのIPC指数は1%安、ブラジルのボベスパ指数は0.5%安、アルゼンチンのメルバル指数は0.6%安、チリのIPSA指数は0.2%安。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below