March 26, 2018 / 7:03 PM / 6 months ago

中南米金融市場=通貨上昇、貿易摩擦巡る懸念後退

[サンパウロ 26日 ロイター] - 中南米金融市場では通貨が上昇。貿易摩擦を巡る懸念が和らいだことが買いを後押しした。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、ムニューシン財務長官が通商交渉を開始するために中国訪問を検討していると報道。これをきっかけに世界的にリスク選好が高まった。

MSCI新興市場指数は0.8%上昇。

メキシコペソは対ドルで半年ぶり高値。米国が北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で一段と建設的な姿勢を示す可能性があるとの期待が広がった。

ある市場関係者は「いわゆる通商戦争は掛け声だけで実際には起きないと市場は考えている。NAFTAを巡る雰囲気もまた明るくなるだろう」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below