June 18, 2019 / 7:59 PM / 6 months ago

中国「一帯一路」、途上国の発展支援 透明性確保必要=世銀

[ワシントン 18日 ロイター] - 世界銀行は18日、中国の広域経済圏構想「一帯一路」について、多くの途上国の経済発展が支援され、貧困撲滅につながるとの見方を示した。同時に、一段の透明性の確保が必要との見解も示した。

世銀は一帯一路構想が完全に実施されれば、3200万人が貧困から抜け出せると試算。ただ、透明性の欠如などを踏まえると同構想を巡る「大幅なリスク」は存在しているとの認識も示した。

ジェイラ・パザルバシオル副総裁(公正な成長・金融・組織担当)は声明で「一帯一路の目標達成には、参加国の積極的な改革実施が必要になる」と指摘。「特に債務を巡る透明性のほか、開放された政府調達、最も厳格な社会・環境基準の順守などが大きな助けとなる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below