August 24, 2018 / 6:06 AM / a month ago

中国ボンドコネクト、DVP決済方式を導入=関係筋

[上海 24日 ロイター] - 中国は香港との債券相互取引制度(ボンドコネクト)で、証券の受け渡しと同時に決済を行う決済方式DVP(デリバリー・バーサス・ペイメント)を導入した。事情に詳しい関係筋が明らかにした。

関係筋によると、同決済を担う中国中央国債登記結算(CCDC)と中国のクロスボーダー人民元決済システム(CIPS)、香港金融管理局(HKMA)の中央金融市場部門は市場参加者に対し、今後はDVPによる決済を行うと通達したという。

DVPは証券の受け渡しと決済を同時に行うことで、決済リスクの低下につながる。これまではDVPが未導入であることが、海外投資家の間でボンドコネクトの利用が広がらない大きな要因だと考えられていた。ボンドコネクトは昨年7月に開始、香港や海外の投資家が中国本土の債券を売買できるようになった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below