May 30, 2019 / 5:11 AM / 17 days ago

中国・香港株式市場・前場=ともに下落、米中貿易摩擦激化への懸念で

    [上海 30日 ロイター] - 
 中国                  前場終値      前日比        %           始値
 上海総合指数<.SSEC  2,890.5761   - 24.1203    - 0.83    2,903.4246 
 >                                                     
 前営業日終値        2,914.6964                                     
 CSI300指数<.   3,622.927    - 40.982    - 1.12     3,648.850 
 CSI300>                                               
 前営業日終値         3,663.909                                     
 香港                  前場終値      前日比        %            始値
 ハンセン指数         27,121.13    - 114.58    - 0.42      27,319.25 
 前営業日終値         27,235.71                                      
 ハンセン中国株指数   10,440.27     + 49.82    + 0.48      10,451.00 
                                                       
 前営業日終値         10,390.45                                      
 
    中国株式市場は下落して前場を終えた。中国が米国との貿易摩擦を巡り、強硬な姿勢
を示したことが背景。
    上海総合指数       前場終値は24.1203ポイント(0.83%)安の289
0.5761。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         前場終値は40.982ポイント(1.12%)安の3622.927。
    香港株式市場でもハンセン指数が下落した。
    ハンセン指数前場終値は114.58ポイント(0.42%)安の2万712
1.13。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)前場終値は49.82ポイント(0.
48%)高の1万0440.27。
    
    中国外務省の張漢暉次官は30日、意図的に引き起こす通商摩擦は「むき出しの経済
テロリズム」だと述べた。
    また中国メディアは29日、同国が貿易戦争を巡る米国への対抗手段としてレアアー
ス(希土類)を利用する可能性があると報じた。
    浙商証券はリポートで、米中貿易問題の行き詰まり打開に向けた短期的な解決策がな
く、中国のマクロ経済に上向きの勢いが乏しいことを踏まえると、中国A株市場が201
8年にみられた下値を模索する状況に再び陥る可能性を排除できないと指摘。海外市場で
ボラティリティーが大幅に高まった場合、相場はさらに圧迫される可能性があるとの見方
を示した。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below