January 14, 2020 / 5:24 AM / 11 days ago

中国・香港株式市場・前場=ともに小反落、利食い売り優勢

    [上海 14日 ロイター] - 
 中国                   前場終値     前日比         %        始値
 上海総合指数         3,113.9633   - 1.6063     - 0.05  3,120.6669
                                                                  
 前営業日終値         3,115.5696                                  
 CSI300指数<.C   4,200.655    - 3.333     - 0.08  4,215.158 
 SI300>                                                 
 前営業日終値          4,203.988                                  
 香港                   前場終値     前日比         %       始値
 ハンセン指数         28,901.93     - 53.01     - 0.18  29,149.53
                                                                 
 前営業日終値         28,954.94                                  
 ハンセン中国株指数<  11,373.55     - 23.21     - 0.20  11,475.32
 .HSCE>                                                          
 前営業日終値         11,396.76                                  
  
    中国株式市場は小反落して前場を終えた。米中の「第1弾」通商合意の調印を控えた
楽観ムードや12月の中国のドル建て輸出が予想以上に増加したことなどに支援され、当
初は上昇していたが、利食い売りが出て押し戻された。
    上海総合指数前場終値は1.6063ポイント(0.05%)安の3113
.9633。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         前場終値は3.333ポイント(0.08%)安の4200.655。
    米財務省は13日、貿易相手国・地域の通貨政策を分析した外国為替報告書を公表し
、中国の「為替操作国」認定を解除したことを明らかにした。
    
    香港株式市場も高く寄り付いたが、利食い売りで小反落。
    ハンセン指数前場終値は53.01ポイント(0.18%)安の2万8901
.93。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       前場終値は23.21ポイント(0.
20%)安の1万1373.55。
    第一上海証券のアナリストは「最近の大幅上昇を受けて利食い売りが出るのは当然だ
」と指摘。米中通商摩擦の緩和や中国経済の安定化を理由に2020年の香港市場につい
ては楽観的見方を示した。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below