for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・前場=上海株上昇、環境保護関連に買い 不動産株安い

    [上海 25日 ロイター] - 中国株式市場は上海総合指数が上昇して前場の取引
を終えた。政府がカーボンニュートラル(炭素中立)達成への指針を発表したのを受け、
環境保護関連株が上げを主導した。
    上海総合指数前場終値は13.4514ポイント(0.38%)高の359
6.0550。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
前場終値は1.698ポイント(0.03%)安の4958.027。
    香港株式市場はまちまち。
    ハンセン指数前場終値は23.31ポイント(0.09%)高の2万6150
.24。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)前場終値は21.83ポイント(0.
23%)安の9335.02。
    中国本土の不動産株指数は2.9%下落。中国の国務院(内閣に相当)
は23日、固定資産税に当たる不動産税を一部地域で試験導入すると発表した。国営の新
華社が報じた。
    シティは「中国当局は不動産投資・市場に依存する経済構造を近く転換させる決意を
ほとんど示していない」と指摘。全国で不動産税が導入されるのは5年先になるだろうと
した。
    環境保護業界指数と新エネルギー指数はともに3.8%余り
急騰。
    中国政府は24日、2030年までに二酸化炭素の排出量をピークアウトさせ、60
年までに実質ゼロにするという目標達成に向けた方策の骨子を発表した。
     石炭株指数 は3.6%急伸。中国国家発展改革委員会(発改委)は2
5日、石炭会社に契約上の義務を厳格に履行するよう要請したと明らかにした。[nL4N2RL
0WO]
    アナリストは石炭の供給不足は少なくともあと数カ月、続くと予想している。
    不動産開発大手の中国恒大集団は0.4%高、傘下の電気自動車(EV)
部門、中国恒大新能源汽車集団(恒大NEV)は14%近く高騰。
    国営メディアの証券時報によると、恒大の許家印会長は22日夜、10年以内に主要
事業を不動産開発から新エネルギー車に移行させる方針を表明した。
 中国                       前場終値     前日比      %        始値
 上海総合指数             3,596.0550  + 13.4514  + 0.38  3,574.2631
                                                                   
 前営業日終値             3,582.6036                               
 CSI300指数<.CSI30   4,958.027    - 1.698  - 0.03  4,940.896 
 0>                                                      
 前営業日終値              4,959.725                               
 香港                    前場終値     前日比         %       始値
 ハンセン指数          26,150.24     + 23.31     + 0.09  26,020.78
                                                                  
 前営業日終値          26,126.93                                  
 ハンセン中国株指数<    9,335.02     - 21.83     - 0.23  9,301.23 
 .HSCE>                                                  
 前営業日終値           9,356.85                                  
 
    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up