for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・前場=上海株反落、弱い融資統計が重し 香港テック株に売り

    [上海 13日 ロイター] - 前場の中国株式市場は上海株が反落。8月の新規銀
行融資が市場予想を下回ったことが重しとなった。香港株式市場も反落。中国当局による
取り締まりを嫌気し、テック企業が売られた。
    
    前場終値は、上海総合指数が3.6235ポイント(0.10%)高の37
06.7338、上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCS
I300指数は21.897ポイント(0.44%)安の4991.625。
    香港株式市場のハンセン指数は519.00ポイント(1.98%)安の2万
5686.91、ハンセン中国企業株指数(H株指数)前場終値は187.73
ポイント(2.00%)安の9199.11で前引けた。
    
    中国人民銀行が10日発表した8月の新規人民元建て融資は、9カ月ぶり低水準だっ
た7月から増えたものの、市場予想には届かなかった。
    ピンポイント・アセット・マネジメントはノートで「来年は共産党大会が開かれる重
要な年。政府は今は政策緩和を急いでいないようで、来年の成長を押し上げるために年末
あたりに財政支出を拡大しようと考えている可能性がある」と指摘した。
    観光関連株が3.4%下落。12日に報告された新型コロナウイルス感
染者数49人のうち国内感染が22人を占めた。
    環境保護関連銘柄は上昇。中国政府が初のグリーン株指数の創設を計画していること
が背景。
    
    香港市場では、テック銘柄の美団、アリババ・グループ、騰訊控
股(テンセント・ホールディングス)が6.3%、4.5%、3.7%それぞ
れ下落。
    中国政府が10日に美団、滴滴などのデリバリー・配車大手と面会し、労働者の権利
について指針を示したことや、アリババ・グループの電子決済サービス「アリペイ」の分
割などを中国政府が検討していると英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が12日に報
道したことが背景。
    不動産開発大手SOHO中国は35%急落し上場来最大の下げを記録。米
投資会社大手ブラックストーン・グループが30億ドル規模の買収計画を撤回した
ことを嫌気した。
    
 中国                   前場終値     前日比         %        始値
 上海総合指数         3,706.7338   + 3.6235     + 0.10  3,699.2534
                                                                  
 前営業日終値         3,703.1103                                  
 CSI300指数<.C   4,991.625   - 21.897     - 0.44  5,006.775 
 SI300>                                                 
 前営業日終値          5,013.522                                  
 香港                   前場終値     前日比         %       始値
 ハンセン指数          25,686.91   - 519.00     - 1.98  25,885.30
                                                                 
 前営業日終値          26,205.91                                 
 ハンセン中国株指数<    9,199.11   - 187.73     - 2.00  9,258.18 
 .HSCE>                                                 
 前営業日終値           9,386.84                                 
 

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up