October 3, 2019 / 5:54 AM / 18 days ago

中国・香港株式市場・前場=下落、米の対EU報復関税で地合い悪化

    [香港 3日 ロイター] -    
 香港                  前場終値    前日比        %         始値
 ハンセン指数         25,918.51  - 124.18    - 0.48   25,831.44 
 前営業日終値         26,042.69                                 
 ハンセン中国株指数   10,151.30   - 31.67    - 0.31   10,112.34 
                                                     
 前営業日終値         10,182.97                                 
   
    香港株式市場は下落して前場を終了した。米国が欧州連合(EU)に対して報復関税
を発動する方針を示したこと受け、米欧の貿易摩擦が激化するとの懸念が高まり、各国の
株式市場でセンチメントが悪化している。
    ハンセン指数前場終値は124.18ポイント(0.48%)安の2万591
8.51。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)前場終値は31.67ポイント(0.
31%)安の1万0151.30。
     米国は2日、EUからの輸入品に対して、18日にも報復関税を発動すると発表。
EUによる航空機大手エアバスへの補助金を巡る問題で、世界貿易機関(WTO
)が同日、米国が欧州製品75億ドル相当に報復関税を課すことを承認したため。EUも
報復措置を検討しており、米国と欧州の貿易摩擦は一段の激化が見込まれる。[nL3N26O03
X]
    米国と中国は1年に及ぶ通商摩擦で既に相互に関税を発動しており、景気後退(リセ
ッション)のリスクは高まり、各国中銀は金融緩和に動いている。
    香港では抗議活動が収束する兆しがみられず、反政府デモ隊は3日未明まで警官隊と
激しく衝突した。
    香港政府が2日発表した8月の小売売上高は前年比23%減となり、7月の11.4
%減より大幅な落ち込みとなった。約4カ月続いている「逃亡犯条例」改正案への抗議デ
モが激化する中、減少は7カ月連続となった。
    香港市場のエネルギー株指数は0.8%、IT株は0.1%、それぞれ下げ
た。金融株も0.8%下落し、不動産株は0.7%安だった。
    
    中国株式市場は国慶節の連休で7日まで休場。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below