for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・前場=中国下落、米中間の緊張が重し 香港小反発

    [上海 11日 ロイター] - 
 中国                       前場終値     前日比      %        始値
 上海総合指数             3,338.6911  - 34.5847  - 1.03  3,381.0080
                                                                   
 前営業日終値             3,373.2758                               
 CSI300指数<.CSI30   4,875.256   - 65.269  - 1.32  4,957.824 
 0>                                                      
 前営業日終値              4,940.525                               
 香港                       前場終値     前日比      %         始値
 ハンセン指数              26,485.23    + 74.64  + 0.28   26,634.21 
 前営業日終値              26,410.59                                
 ハンセン中国株指数<.HSC   10,421.90     + 6.18  + 0.06   10,505.06 
 E>                                                      
 前営業日終値              10,415.72                                
    中国株式市場は下落して前場を終了した。このままの水準で大引けを迎えれば、CS
I300指数は週間で5カ月ぶりの大幅な下落率となる。米中間の緊張感の高まりと政策
引き締めへの懸念を背景にリスク選好姿勢が後退した。
    上海総合指数前場終値は34.5847ポイント(1.03%)安の333
8.6911。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         前場終値は65.269ポイント(1.32%)安の4875.256。週間
で3.7%余り下落と、7月以来の大幅な下落率。
    
    香港株式市場は小反発。
    ハンセン指数前場終値は74.64ポイント(0.28%)高の2万6485
.23。ハンセン中国企業株指数(H株指数)       前場終値は6.18ポイント(0
.06%)高の1万0421.90。
    金融市場指数の開発・算出を手掛けるS&Pダウ・ジョーンズは10日、特定の中国
企業への投資を禁じるトランプ米政権の措置を受け、中国企業10社を株価指数から除外
すると発表。指数算出大手による除外措置はFTSEラッセルに続き2社目。[nL4N2IQ1E
D]
    除外対象の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)、中芯国際集成電
路製造(SMIC)、中国交通建設など10社は軒並
み小幅下落。
    米連邦通信委員会(FCC)は10日、中国国有の通信最大手、中国電信(チャイナ
テレコム)の米国での事業免許を取り消す手続きに着手したと発表、2国間の緊張の高ま
りが再び浮き彫りとなった。
    投資家はまた、景気の力強い回復とコモディティー価格の急騰を受けて、中国当局が
金融政策の引き締めに踏み出す可能性を懸念している。ただ、アナリストは短期的に大幅
な政策転換は見込んでいない。
    モルガン・スタンレーはリポートで「政策引き締めの可能性を示す兆しが鮮明になり
、米中間の緊張を巡る不透明感があるなか、中国A株のセンチメントは年内、上下ともに
振れが限定的になるだろう」とした。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up