January 9, 2020 / 5:12 AM / 13 days ago

中国・香港株式市場・前場=反発、中東情勢の緊張緩和で

    [上海 9日 ロイター] - 
 中国                   前場終値     前日比         %       始値
 上海総合指数         3,081.3614  + 14.4689     + 0.47  3,082.639
                                                               8 
 前営業日終値         3,066.8925                                 
 CSI300指数<.C   4,145.694   + 33.377     + 0.81  4,145.535
 SI300>                                                          
 前営業日終値          4,112.317                                 
 香港                   前場終値     前日比         %       始値
 ハンセン指数         28,385.25    + 297.33     + 1.06  28,367.65
                                                                 
 前営業日終値         28,087.92                                  
 ハンセン中国株指数<  11,213.18    + 133.39     + 1.20  11,186.87
 .HSCE>                                                          
 前営業日終値         11,079.79                                  
   
    中国株式市場と香港株式市場はともに反発して前場を終えた。米国とイランの衝突懸
念が和らぐ中、安心感からアジア市場全体が上昇している。
    中国国家統計局がこの日発表した昨年12月の生産者物価指数(PPI)は前月から
低下幅が縮小。政府の景気支援策が奏功し、製造業が回復する兆候を示したことも、投資
家は好感している。
    上海総合指数前場終値は14.4689ポイント(0.47%)高の308
1.3614。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         前場終値は33.377ポイント(0.81%)高の4145.694。
    ハンセン指数前場終値は297.33ポイント(1.06%)高の2万838
5.25。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       前場終値は133.39ポイント(1
.20%)高の1万1213.18。
    中国株は前日、イランによるイラク駐留米軍攻撃を受け、過去2週間で最大の下げを
記録していた。
    トランプ米大統領はその後、イランの報復攻撃で米国人の死傷者は出なかったと発表
。必ずしも軍事力を行使する必要はないと述べ、危機打開に向けた姿勢をにじませた。[n
L4N29D47X] 

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below