January 23, 2020 / 5:40 AM / a month ago

中国・香港株式市場・前場=急反落、武漢からの交通遮断で新型肺炎巡る懸念深まる

    [上海 23日 ロイター] - 
 中国                     前場終値     前日比         %          始値
 上海総合指数           3,016.1794  - 44.5751     - 1.46   3,037.9524 
 前営業日終値           3,060.7545                                    
 CSI300指数<.C     4,058.305   - 73.626     - 1.78    4,093.323 
 SI300>                                                   
 前営業日終値            4,131.931                                    
 香港                     前場終値     前日比         %          始値
 ハンセン指数           27,872.79    - 468.25     - 1.65    28,109.75 
 前営業日終値           28,341.04                                     
 ハンセン中国株指数<    10,942.80    - 231.90     - 2.08    11,056.60 
 .HSCE>                                                   
 前営業日終値           11,174.70                                     
    中国株式市場は急反落して前場を終えた。武漢で発生した新型肺炎の感染拡大を封じ
込めるため、武漢を出発する航空便や列車を停止すると当局が発表したことを受け、レス
トラン、映画、カジノ、航空会社やテーマパーク関連株が売られた。
    上海総合指数前場終値は44.5751ポイント(1.46%)安の301
6.1794。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         前場終値は73.626ポイント(1.78%)安の4058.305。
    中国市場は24日から1週間にわたり旧正月(春節)で休場となる。
    
    香港株式市場も急反落。
    ハンセン指数前場終値は468.25ポイント(1.65%)安の2万787
2.79。一時1カ月ぶりの安値をつけた。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       前場終値は231.90ポイント(2
.08%)安の1万0942.80。
    マッコーリー・キャピタルのエコノミストは、市場は今や、2002年━03年の重
症急性呼吸器症候群(SARS)の流行を彷彿とさせる新型ウイルスを巡る不安に支配さ
れていると指摘、「悪いニュースは、最悪の事態はこれからやって来るということだ。ど
の程度深刻な事態になるか、いつ終息するのか分からない」と述べた。
  一方で、今年はファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)が支配的要因になるとの見
方を示し、「中国経済に対するマイナスの影響は管理可能で、短期的なものにとどまる」
と予想した。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below