July 26, 2019 / 5:24 AM / a month ago

中国・香港株式市場・前場=米国株に連れ安、「科創板」銘柄も軟調

    [上海 26日 ロイター] - 
 中国                   前場終値     前日比         %          始値
 上海総合指数         2,932.6022   - 4.7579     - 0.16   2,928.0614 
 前営業日終値         2,937.3601                                    
 CSI300指数<.C   3,845.944    - 5.123     - 0.13    3,835.228 
 SI300>                                                 
 前営業日終値          3,851.067                                    
 香港                   前場終値     前日比         %       始値
 ハンセン指数          28,467.04   - 127.26     - 0.45  28,406.07
                                                                 
 前営業日終値          28,594.30                                 
 ハンセン中国株指数<   10,876.36    - 54.00     - 0.49  10,849.40
 .HSCE>                                                          
 前営業日終値          10,930.36                                 
    
    中国株式市場と香港株式市場はともに下落して前場を終了。まちまちの企業決算を受
けて下落した前日の米国株式市場に追随している。
    欧州中央銀行(ECB)が前日の理事会で、市場の利下げ予想に反して政策金利を据
え置いたことも材料視されている。    
    上海総合指数前場終値は4.7579ポイント(0.16%)安の2932
.6022。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         前場終値は5.123ポイント(0.13%)安の3845.944。
    香港市場のハンセン指数前場終値は127.26ポイント(0.45%)安の
2万8467.04。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       前場終値は54.00ポイント(0.
49%)安の1万0876.36。
    今週取引が始まった新興ハイテク企業向け株式市場「科創板(スター・マーケット)
」では、上場する25銘柄中、23銘柄が下落。投資家は利益確定に動いている。[nL4N2
4R0EJ]
    科創板上場の福建福光は14.3%安と下げを主導。同銘柄は2日前に
最高値を更新したばかりだった。
    米中が貿易や技術、さらには地政学上の駆け引きを巡り意見対立を解消できるかどう
か不透明な状況が続く中、投資家は慎重姿勢を崩していない。
    中国商務省は25日、中国と米国の首席交渉官が来週30─31日に上海で通商協議
を行うことを確認した。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below