August 26, 2019 / 8:58 AM / a month ago

中国・香港株式市場・大引け=下落、米中貿易戦争の激化を嫌気

    [上海/香港 26日 ロイター] - 
 中国                      終値     前日比         %       始値         高値         安値
 上海総合指数         2,863.5673  - 33.8580     - 1.17  2,851.015  2,870.4939   2,849.2381 
                                                               8                
 前営業日終値         2,897.4253                                                           
 CSI300指数<.C   3,765.911   - 54.953     - 1.44  3,756.362   3,778.867    3,753.165 
 SI300>                                                                         
 前営業日終値          3,820.864                                                           
 香港                      終値     前日比         %       始値         高値         安値
 ハンセン指数          25,680.33   - 499.00     - 1.91  25,322.00   25,692.28    25,249.51 
                                                                                
 前営業日終値          26,179.33                                                           
 ハンセン中国株指数<   10,013.51   - 181.22     - 1.78  9,903.43    10,014.99     9,850.35 
 .HSCE>                                                                         
 前営業日終値          10,194.73                                                           
 
    中国株式市場は下落。米中貿易摩擦が一段と激化し、両国経済に対する懸念が高まっ
た。
    上海総合指数終値は33.8580ポイント(1.17%)安の2863.
5673。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は54.953ポイント(1.44%)安の3765.911。
    ただ取引終了直前に、トランプ米大統領は中国側が米国の通商交渉担当者に交渉を再
開したいと昨夜伝えてきたと発言、世界にとって非常に前向きな動きだと歓迎する意向を
示した。    
    中国は23日、750億ドル相当の米国製品に対する追加関税を発表。トランプ米大
統領もその数時間後、中国製品に対する関税の新たな引き上げ措置を明らかにした。[nL4
N25J3V0]
    オックスフォード・エコノミクスのルイス・クイジス氏は「こうした報復合戦は、通
商合意や緊張緩和の見込みが薄いことを示す」とし「関税引き上げの中国経済への影響は
かなり大きなものになる」と述べた。オックスフォードは、中国が一段の支援策を打ち出
したとしても、中国の成長率は来年、6%を大幅に下回る水準に鈍化する可能性があると
予想している。
    キャピタル・エコノミクスは「国内総生産(GDP)伸び率の目減り分は近く1%ポ
イント近くに達する見通しで、金融緩和と元安が十分正当化される」とのリポートをまと
めた。
    中国の劉鶴副首相は26日、同国は米国との貿易摩擦を冷静な交渉を通じて解決した
い考えで、摩擦の激化に断固として反対すると表明。市場の懸念の一部緩和につながった
。
    米中貿易戦争の激化が市場心理、企業業績、経済成長に悪影響を及ぼす中、市場関係
者は中国政府が追加の景気支援策を打ち出すかに注目している。
        
    香港株式市場も下落。貿易摩擦の激化に加え、週末の反政府デモを受けて投資家心理
が冷え込んだ。
    ハンセン指数終値は499.00ポイント(1.91%)安の2万5680.
33。午前の取引では3%以上急落した。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       終値は181.22ポイント(1.7
8%)安の1万0013.51。
    アンプル・ファイナンス・グループのディレクター、アレックス・ウォン氏は「香港
企業に対するセンチメントは非常に悪い。不動産賃貸や観光の見通しに関して投資家は悲
観的になっており、週末に起きたことは有益でない」と語った。
    25日のデモでは一部が警察と激しく衝突し、警察は放水車を投入したり催涙ガスを
使って強制排除に乗り出した。警官の1人はデモ隊を威嚇するため空に向けて発砲した。


    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below