June 14, 2019 / 8:48 AM / a month ago

中国・香港株式市場・大引け=中国は重要指標控え下落、週間では上昇

    [香港 14日 ロイター] -    
 中国                      終値     前日比         %       始値         高値         安値
 上海総合指数         2,881.9743  - 28.7663     - 0.99  2,912.998  2,924.3197   2,879.6573 
                                                               8                
 前営業日終値         2,910.7406                                                           
 CSI300指数<.C   3,654.880   - 30.513     - 0.83  3,690.476   3,709.652    3,650.910 
 SI300>                                                                         
 前営業日終値          3,685.393                                                           
    
    中国株式市場は下落。米中貿易問題が引き続き重しとなるとともに、重要指標の発表
を引け後に控えて慎重ムードとなった。
    上海総合指数終値は28.7663ポイント(0.99%)安の2881.
9743。ただし、週間では1.9%の上昇となった。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は30.513ポイント(0.83%)安の3654.880。週間では
2.5%上昇した。
    この日は、金融株が0.6%、生活必需品株が0.4%そ
れぞれ下落する一方、不動産株は0.3%上昇した。ヘルスケア株<.CSI300
HC>は横ばいだった。
    引け後に発表された5月の鉱工業生産は約17年ぶりの低い伸びとなり、貿易問題で
米国からの圧力が強まるなか、需要の減少が鮮明になった。1─5月の不動
産投資も伸びが鈍化した。
    米中の貿易摩擦が全面戦争の様相を呈し、世界経済をリセッションの陥らせかねない
情勢となるなか、中国当局が一段の景気てこ入れに動くとの観測が高まっている。
    開源証券はメモで、米中貿易協議を巡りより明確なシグナルが出るまで市場は動きに
くいとの見方を示し、「月末の20カ国・地域(G20)首脳会議や米中貿易問題に関す
るフォローアップ協議が依然、市場へのインパクトが最も大きいイベント」と指摘した。
    モルガン・スタンレーは14日付のリサーチノートで、A株市場のセンチメントが出
来高の増加を背景に今週改善したことに言及。「センチメントが上向いたのは6月10日
に中国政府が打ち出したインフラ投資促進強化策も背景にある」と指摘した。
    劉鶴副首相は13日、景気および金融システムの潤沢な流動性維持に向けた措置を強
化する可能性を示唆した。国営メディアは今週、当局が数週間以内にマネーと信用の供給
を調整する見通しと伝えている。
    


    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below