for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・大引け=中国ほぼ変わらず、米中通商協議控え様子見

    [北京 13日 ロイター] - 
 中国                       終値     前日比         %       始値         高値         安値
 上海総合指数          3,320.7261   + 1.4605     + 0.04  3,328.175  3,338.1518   3,309.4629 
                                                                4                
 前営業日終値          3,319.2656                                                           
 CSI300指数<.C    4,635.713   - 11.932     - 0.26  4,666.490   4,671.769    4,626.103 
 SI300>                                                                          
 前営業日終値           4,647.645                                                           
    中国株式市場はほぼ変わらず。米中の第1段階通商合意の履行状況を検証するための
協議を今週末に控えて、様子見ムードが広がった。ただ食料確保への懸念から農業関連株
が上昇した。
    上海総合指数終値は1.4605ポイント(0.04%)高の3320.7
261。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は11.932ポイント(0.26%)安の4635.713。
    セクター別では、金融、不動産、ヘルスケアが
下落し、生活必需品は小幅上昇した。
    深セン指数は0.06%高。深セン証券取引所の新興企業向け市場「創業板
(チャイネクスト)」総合指数は0.49%下落した。
    農業株が上昇。新型コロナウイルスの流行や米中関係の悪化を受け、食料確保が不安
視されているとTF証券は指摘した。
    北京大北農科技集団が5.8%高、袁隆平農業高科技が7.
9%高、山東登海種業は10%上昇した。
    上海市場に上場したカンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)は一時1
27%上昇した。

    

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up