November 19, 2018 / 8:39 AM / 23 days ago

中国・香港株式市場・大引け=中国上昇、不動産株と金融株がリード役

    [上海 19日 ロイター] - 
 中国                終値     前日比      %        始値        高値        安値
 上海総合指数<  2,703.5116  + 24.4019  + 0.91  2,681.8988  2,703.5116  2,674.1781
 .SSEC>                                                                          
 前営業日終値   2,679.1097                                                       
 CSI300    3,294.603   + 36.930  + 1.13  3,258.792   3,294.603   3,251.067 
 指数                                                                  
 前営業日終値    3,257.674                                                       
 
    中国株式市場は、不動産開発会社と金融機関がリード役となり上昇
して引けた。政府の支援措置が相場を支えたほか、さらなる金融緩和策
の期待が広がった。
    上海総合指数       終値は24.4019ポイント(0.91%
)高の2703.5116。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成する
CSI300指数終値は36.930ポイント(1.13%
)高の3294.603。
    金融指数は1.83%高、生活必需品指数
は1.24%高、ヘルスケア指数は1.10%高。
    信用の伸びが一貫して低い伸びにとどまっていることで、市場では
3年ぶりとなる貸出金利引き下げの観測が広がっている。ただエコノミ
ストや政策インサイダーは、人民元に悪影響を及ぼしかねない点から、
人民銀は利下げをためらう公算が大きいとみている。 
    電気自動車(EV)メーカー、比亜迪股分有限公司(BYD)の深
セン上場株 は約6カ月ぶり高値をつけ、終値は5.84%
高。国家発展改革委員会(NDRC)が同社の60億元(8億6432
万ドル)規模の社債発行計画を承認したことが背景。香港上場株<1211.
HK> は6.45%高。
    不動産開発業者は利下げ期待を背景に大幅上昇。CSI300不動
産指数は4.18%高。
    証券株の業種別指数は3.06%高。証券会社は、市
場支援策や上海証券取引所に「技術革新板」を開設する計画の恩恵を受
けるとみられている。
    深セン総合指数は0.51%高。深セン証券取引所の新興
企業向け市場「創業板(チャイネクスト)」は0.63%
安。証券当局がのれん代の減損処理のルールを強化したことを受け、一
部企業の業績に響くとの懸念が重しとなった。
    赤字が続き特別処理(ST)銘柄となっている企業も下落し、天馬
軸承集団、徳奥通用航空は値幅制限いっぱいの
5%安。 
    

    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります
)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below