January 9, 2020 / 8:32 AM / 9 days ago

中国・香港株式市場・大引け=中国上昇、中東情勢の緊張緩和で

    [上海 9日 ロイター] - 
    
 中国                      終値     前日比         %       始値         高値         安値
 上海総合指数         3,094.8819  + 27.9894     + 0.91  3,082.639  3,097.3291   3,080.1313 
                                                               8                
 前営業日終値         3,066.8925                                                           
 CSI300指数<.C   4,164.370   + 52.053     + 1.27  4,145.535   4,165.657    4,143.592 
 SI300>                                                                         
 前営業日終値          4,112.317                                                           
    
    
    中国株式市場は上昇し、前営業日の下げの大部分を取り戻して引けた。中東情勢の緊
張緩和を受けた。
    上海総合指数終値は27.9894ポイント(0.91%)高の3094.
8819。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は52.053ポイント(1.27%)高の4164.370。
    トランプ米大統領は8日、米軍による革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害に対するイ
ランの報復攻撃で米国人の死傷者は出なかったと明らかにした。また必ずしも軍事力を行
使する必要はないと述べ、危機打開に向けた姿勢をにじませた。
    一方、イランのザリフ外相は、イラクの米軍駐留基地にロケット弾を8日に発射した
ことを受け、イランは事態の激化や戦争を求めていないとツイッターで表明。「イランは
国連憲章第51条の下、われわれの市民や高官に対する卑劣な武力攻撃が打ち出された基
地を対象に相応の自衛措置を実施・完了した」とツイートした。
    また、中国の12月の消費者物価指数(CPI)伸び率が横ばいとなった一方、生産
者物価指数(PPI)の低下幅が前月から縮小し、経済成長率が鈍化する中、中国当局が
金融緩和路線を維持する余地が生まれたことも投資家の楽観姿勢を誘った。
    中国本土(上海・深セン)と香港の株式相互取引における「北行き(香港から上海・
深センへの投資)」は引き続き堅調。外国人投資家のA株買い越し額はこの日、100億
元(14億4000万ドル)近くとなった。
    さらに、中国の劉鶴副首相は、米国との「第1段階」通商合意の調印に向け、13-
15日にワシントンを訪問する。商務省の高峰報道官が明らかにした。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below