January 4, 2019 / 7:57 AM / 15 days ago

中国・香港株式市場・大引け=中国上昇、支援策や米中通商協議への期待で

    [上海 4日 ロイター] - 
 中国                    終値      前日比        %        始値         高値          安値
 上海総合指数<.SSE  2,514.8682   + 50.5054    + 2.05  2,446.0193  2,515.3160    2,440.9066 
 C>                                                                            
 前営業日終値       2,464.3628                                                             
 CSI300指数<   3,035.874    + 71.032    + 2.40  2,940.192    3,036.815     2,935.830 
 .CSI300>                                                                      
 前営業日終値        2,964.842                                                             
    
    中国株式市場は約4年ぶりの安値から反発して取引を終えた。
    中国の李克強首相が、市中銀行の預金準備率の引き下げや減税、手数料削減を行う考えを示したことや
、米中通商協議を巡る楽観的な見方が支援材料となった。
    上海総合指数       終値は50.5054ポイント(2.05%)高の2514.8682。同指数
は寄り付き直後に一時、約4年ぶりの安値をつけた。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数         終値は
71.032ポイント(2.40%)高の3035.874。
    週間ベースでは、両指数とも0.8%上昇。前週までは3週間連続で下落していた。
    中国商務省はこの日、米中次官級の通商協議を7─8日に北京で行うと発表した。
    財新/マークイット発表の12月中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)が堅調な伸びを示し
たことも支援材料になった。
    海通証券はリサーチノートで「中国A株市場は強気・弱気相場の5回目のサイクルの最終局面にあり、
バリュエーションはすでに底を打っており、われわれは戦略的に楽観している」とした。
    中国市場では金融セクター主導で幅広い銘柄に買いが入った。市場の回復から恩恵を受けるとみられる
証券株が特に値上がりした。
    大手証券株で構成する指数は6.6%高。CSI中国本土銀行株指数は2%
高。

    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below