September 12, 2019 / 8:11 AM / in 11 days

中国・香港株式市場・大引け=中国上昇、米中貿易交渉への期待で

    [上海 12日 ロイター] - 
 中国                      終値     前日比         %       始値         高値         安値
 上海総合指数         3,031.2351  + 22.4233     + 0.75  3,016.626  3,033.4730   3,005.1948 
                                                               7                
 前営業日終値         3,008.8118                                                           
 CSI300指数<.C   3,972.380   + 42.280     + 1.08  3,944.692   3,975.931    3,933.437 
 SI300>                                                                         
 前営業日終値          3,930.100                                                           
    中国株式市場は上昇して今週の取引を終えた。景気下支えに向けた中国当局の対策が
好感されたほか、米中通商交渉を控えた両国の歩み寄りを受けて貿易摩擦が緩和するとの
期待が広がった。
    上海総合指数終値は22.4233ポイント(0.75%)高の3031.
2351。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は42.280ポイント(1.08%)高の3972.380。
    13日の中国市場は中秋節のため休場となる。
    中国は11日、一部の米国製品を追加関税対象から除外すると発表。トランプ米大統
領も中国製品への関税引き上げを延期すると明らかにし、通商協議を前に双方が譲歩する
姿勢を示した。
    中国当局は、景気下支えに向けた対策を打ち出している。
    中国人民銀行(中央銀行)は6日、今年3回目となる市中銀行の預金準備率(RRR
)の引き下げを発表した。これにより、9000億元(1263億5000万ドル)が金
融システムに放出される。
    中国国家統計局が発表した8月の生産者物価指数(PPI)は前年比0.8%低下で
、2016年8月以来の大幅なマイナスだった。中国汽車工業協会(CAAM)によると
、8月の自動車販売台数は14カ月連続で減少。政府による早急な景気刺激策の必要性が
浮き彫りとなった。
    中国政府は、海外資金を誘致するため、資本市場の対外開放を進めている。
    中国国家外為管理局(SAFE)は10日、外国人投資家が中国国内市場に投資する
際のスキームである適格外国機関投資家(QFII)制度と人民元適格海外機関投資家(
RQFII)制度の投資枠撤廃を決めたと明らかにした。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below