May 8, 2019 / 7:57 AM / 14 days ago

中国・香港株式市場・大引け=中国下落、米中貿易交渉や貿易統計を材料視

    [香港 8日 ロイター] - 
 中国                      終値     前日比         %       始値         高値         安値
 上海総合指数         2,893.7567  - 32.6341     - 1.12  2,873.143  2,929.4306   2,866.7041 
                                                               3                
 前営業日終値         2,926.3908                                                           
 CSI300指数<.C   3,667.457   - 53.211     - 1.43  3,648.549   3,722.933    3,642.498 
 SI300>                                                                         
 前営業日終値          3,720.668                                                           
    
    中国株式市場は下落して引けた。輸出統計が予想を下回ったことが嫌気されたほか、
米中貿易交渉に対する懸念も根強い。
    上海総合指数終値は32.6341ポイント(1.12%)安の2893.
7567。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は53.211ポイント(1.43%)安の3667.457。
    金融指数は1.82%安。生活必需品指数は1.42%安
。不動産指数は1.27%安。ヘルスケア指数は1.55%安
。
    深セン総合指数は0.65%安。深セン証券取引所の新興企業向け市場「創
業板(チャイネクスト)」総合指数は1.48%安。
    中国の4月の貿易統計は、輸出が予想外の減少、輸入は5カ月ぶりの増加と、まちま
ちな内容となった。
    HSBCのエコノミスト、Jingyang Chen氏は「輸入全体の需要は(政策支援を背景
とする)内需拡大で今後数カ月でさらに回復するかもしれないが、貿易環境が厳しいため
、今年の輸入は引き続き伸び悩む可能性がある」と指摘。
    ANZの中国担当シニアエコノミスト、Betty Wang氏は「劉鶴副首相の訪米で米中通
商交渉が最終決着する可能性は低下しており、貿易摩擦が再燃するリスクが高まっている
。これにより、下半期の中国の輸出見通しは悪化する。特に昨年終盤に輸出が前倒しで行
われたことを踏まえればそう言える」と述べた。    
    中国人民銀行(中央銀行)はこの日、期間7日のリバースレポを通じ100億元(1
4億8000万ドル)を供給。今週はこれまでに差し引きで500億元の供給となり、銀
行システムの流動性が非常に潤沢なことから、序盤の取引で翌日物レポ金利CN1DRP=CFXS
は1.04%と4カ月ぶり低水準となった。
    

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below