May 22, 2020 / 8:18 AM / 5 days ago

中国・香港株式市場・大引け=中国下落、経済成長・米中関係を懸念 ハンセン一時5%急落

    [香港 22日 ロイター] - 
 中国                      終値     前日比         %       始値         高値         安値
 上海総合指数         2,813.7654  - 54.1583     - 1.89  2,863.046  2,863.0462   2,808.0177 
                                                               2                
 前営業日終値         2,867.9237                                                           
 CSI300指数<.C   3,824.064   - 89.731     - 2.29  3,907.576   3,907.576    3,818.149 
 SI300>                                                                         
 前営業日終値          3,913.795                                                           
      
    中国株式市場は下落して引けた。経済成長を巡る懸念に加え、この日開幕した全国人
民代表大会(全人代、国会に相当)に香港に国家安全法の制定を義務付ける法案が提出さ
れたことを受け米中関係の緊張激化への懸念が強まった。
    上海総合指数終値は54.1583ポイント(1.89%)安の2813.
7654。週間ベースでも同程度の下落率となった。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は89.731ポイント(2.29%)安の3824.064。こちらも
週間ベースで同程度の下落率。
    両指数ともに週間の下落率は3月以来の大きさ。
    金融株は2.3%安。生活必需品株は2.8%安。不動産
株は約2%安。ヘルスケア株は2.9%安。
    深セン総合指数は2%安。創業板(チャイネクスト)総合指数は2.
5%安。
     
    香港株式市場は一時5%超急落し、7週間ぶり安値。全人代に香港に国家安全法の制
定を義務付ける法案が提出されたことを受け、香港でのデモ再発懸念が強まった。
    中国政府は、香港に特別行政区基本法に基づく国家安全法の迅速な制定を義務付ける
新たな法案を全人代に提出した。
    香港市場のハンセン指数はアジア市場の下げを主導しており、1日当たりの下
落率としては2015年以来の大きさとなっている。不動産株が8%下落し、1
日では08年以来の大きさ。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below