for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・大引け=中国反発、貿易統計を好感 香港は台風で休場

    [上海 13日 ロイター] - 中国株式市場は反発して引けた。消費関連株とハイ
テク株が買われた。
    同国の貿易統計が予想を上回ったことを受けて、電力不足や、不動産大手の中国恒大
集団の債務問題に対する懸念が緩和した。
    上海総合指数終値は14.8261ポイント(0.42%)高の3561.
7623。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
終値は56.272ポイント(1.15%)高の4940.109。
     中国税関総署が13日発表した9月の貿易統計によると、輸出が市場予想を上回る
伸びとなった。電力不足や新型コロナの感染再拡大による生産への影響を堅調な世界需要
が補った。
    キャピタル・エコノミクスの中国担当シニアエコノミスト、ジュリアン・エバンス・
プリチャード氏は「9月の輸出は、予想コンセンサスを上回る当社の予測も上回った」と
指摘。
    「9月の電力消費が底堅かったことを示す別の指標と合わせて考えると、計画停電の
影響は、エネルギー集約度の高い一部の産業におおむね限られ、多くの人が懸念していた
製造業全体への影響はなかったようだ」と述べた。
    消費関連株が2.5%上昇。上海証券取引所の「科創板(スター・マーケッ
ト)」50指数は1.9%高。
    食品・飲料株は3.3%高。蒸留酒メーカーの貴州茅台酒
が3.1%上昇し、2カ月半ぶりの高値。
    CSI300不動産株指数は0.6%安。中国恒大の債務問題が業界全
体に波及するとの懸念が背景。
    石炭株指数は5.5%安。6週間ぶりの安値を付けた。政府が供給拡大
に向けた対策を講じており、石炭価格が下落する可能性がある。
    上海大屯能源、平頂山天安煤業、内蒙古霍林河露天煤業<002
128.SZ>が10%急落し、ストップ安。
    石炭株は、石炭価格が最高値を付けたことを受けて急伸していたが、9月6日のピー
クから約20%下落している。
    エネルギー株は午前の取引で5%近く下落。中国石油天然ガス(ペトロチャイナ)<6
01857.SS>が4.2%安。
    新エネルギー株指数は4%値上がりした。
    香港市場は台風のためこの日は休場となった。        
 中国                         終値      前日比          %        始値         高値          安値
 上海総合指数            3,561.7623   + 14.8261      + 0.42  3,543.4918  3,569.1332    3,515.6481 
                                                                                      
 前営業日終値            3,546.9362                                                               
 CSI300指数<.CSI    4,940.109    + 56.272      + 1.15  4,880.144    4,953.375     4,869.831 
 300>                                                                                 
 前営業日終値             4,883.837                                                               
 
    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up