May 16, 2018 / 8:18 AM / 6 days ago

中国・香港株式市場・大引け=中国反落、北朝鮮情勢巡る懸念や米債利回り上昇で

    [上海 16日 ロイター] - 
 中国                       終値     前日比         %        始値         高値         安値
 上海総合指数<.SSEC    3,169.5652  - 22.5531     - 0.71  3,180.2259  3,191.9481   3,166.8113 
 >                                                                                
 前営業日終値          3,192.1183                                                            
 CSI300指数<.     3,892.660   - 31.437     - 0.80  3,909.818    3,923.343    3,889.188 
 CSI300>                                                                          
 前営業日終値           3,924.098                                                            
    
    中国株式市場は反落して取引を終えた。北朝鮮情勢を巡る懸念が再燃したことや米債券利回りの上昇で
アジア市場の投資家心理が悪化した。また、ワシントンで今週行われる2回目の米中通商協議からのニュー
ス待ちムードとなっている。
    上海総合指数       終値は22.5531ポイント(0.71%)安の3169.5652。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数         終値は
31.437ポイント(0.80%)安の3892.660。
    北朝鮮は16日、米韓軍事演習を理由に、同日予定していた韓国との閣僚級会談を突然中止。米朝首脳
会談の実現が不透明になった。
    米金融・債券市場では、10年債利回りが約7年ぶりの高水準を付けた。4月の米小売売上高が底堅く
増加したことを受け、第2・四半期の経済成長が押し上げられるとの観測から米国債に売りが出た。

    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below