September 25, 2018 / 8:30 AM / 25 days ago

中国・香港株式市場・大引け=中国反落、米中関税発動で 香港は休場

    [上海 25日 ロイター] - 
 中国                   終値    前日比        %      始値        高値        安値
 上海総合指数<.SSEC  2,781.13  - 16.346    - 0.58  2,775.06  2,790.0321  2,771.1595
 >                         85         3                 63                         
 前営業日終値        2,797.48                                                      
                           48                                            
 CSI300指数<.  3,379.80  - 30.681    - 0.90  3,375.97  3,394.377   3,367.025 
 CSI300>                    4                            2               
 前営業日終値        3,410.48                                                      
                            6                                            
 
    休場明けの中国株式市場は反落して引けた。米中双方による追加関税発動を受け、売
りが優勢となった。
    また、規制への懸念を背景に不動産開発株が売られた。
    上海総合指数       終値は16.3463ポイント(0.58%)安の2781.
1385。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は30.681ポイント(0.90%)安の3379.804。
    前日の中国株式市場は中秋節のため休場だった。
    金融指数は1.44%安。生活必需品指数は0.95%安。
    不動産指数は4.40%安。ロイターは21日、中国の住宅都市農村建
設省が地方6省に対し、不動産業者にプロジェクト完成前の販売を認める制度の見直しを
指示したと伝えた。
    この報道を受け、前日の香港市場でも中国の不動産開発会社株が急落していた。
    
    米国は24日、2000億ドル相当の中国製品に対する新たな関税を発動し、中国も
600億ドル相当の米国製品を対象に報復関税を発動した。
    中国商務省の王受文商務次官は25日に開いた記者会見で、米国が「中国の首にナイ
フを突き付けた」状態で米中の貿易交渉を進めることは困難との認識を示した。
    原油高への懸念を背景に中国の航空株も下落した。運輸指数は1.1
9%安。
    香港株式市場は中秋節のため休場。取引は26日に再開される。

    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below