August 20, 2019 / 7:56 AM / in a month

中国・香港株式市場・大引け=中国小幅安、投資家は金利改革の影響見極めへ

    [上海 20日 ロイター] - 
 中国                      終値     前日比         %        始値         高値         安値
 上海総合指数         2,880.0012   - 3.0948     - 0.11  2,879.0816  2,892.0796   2,874.9988 
                                                                                 
 前営業日終値         2,883.0960                                                            
 CSI300指数<.C   3,787.732    - 3.362     - 0.09  3,786.026    3,799.898    3,778.731 
 SI300>                                                                          
 前営業日終値          3,791.095                                                            
    
    中国株式市場は小幅安で終了。前営業日の大幅高を受け一服商状となったほか、投資家は中国の金利改
革の影響を見極めようとしている。
    上海総合指数終値は3.0948ポイント(0.11%)安の2880.0012。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数         終値は
3.362ポイント(0.09%)安の3787.732。
    中国の新たな1年物ローンプライムレート(貸出基礎金利、LPR)はこの日、4.
25%に設定された。これまでの4.31%を6ベーシスポイント(bp)下回る水準。
    中国人民銀行(中央銀行)が金利改革を発表してから初めてのベンチマーク金利の公表となる。
    人民銀行は17日、企業の借入コスト低下につながる金利改革を発表。LPRは銀行が個人や企業向け
新規融資の金利を設定する際に、人民銀の1年物貸出金利に代わるベンチマークになるとした。
    ノースイースト・セキュリティーズのアナリスト、Shen Xinfeng氏は「予想通り小幅な引き下げにとど
まった。ただ、中国当局には資金調達コストを引き下げるという目標があり、今後LPRはさらに低下する
可能性がある」との見方を示した。
    米中通商摩擦の渦中にある通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)         にも注目が集まってい
る。
    米商務省は19日、ファーウェイに対する米一部製品の禁輸措置の執行猶予を11月18日まで90日
間延長すると発表した。同時に、米政府が安全保障上の懸念がある企業を指定した「エンティティー・リス
ト」にファーウェイ関連企業46社を追加したことも明らかにした。
    構成銘柄にハイテク株が多い深センの創業板(チャイネクスト)総合指数はファーウェイのニュ
ースを受けて0.7%下げた。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below