August 6, 2018 / 9:09 AM / 12 days ago

中国・香港株式市場・大引け=中国市場は続落、貿易戦争激化受け

    [上海 6日 ロイター] - 
 中国                   終値    前日比        %      始値        高値        安値
 上海総合指数<.SSEC  2,705.15  - 35.286    - 1.29  2,736.52  2,760.4744  2,692.3216
 >                         65         4                 56                         
 前営業日終値        2,740.44                                                      
                           29                                            
 CSI300指数<.  3,273.69  - 41.593    - 1.25  3,312.81  3,344.246   3,257.686 
 CSI300>                    1                            5               
 前営業日終値        3,315.28                                                      
                            4                                            
    中国株式市場は一時上昇する場面もあったが、結局、続落して引けた。
    関税を巡る米中の報復合戦や中国国営メディアによるトランプ大統領の批判など、両
国間の貿易戦争が激化していることが背景。
    上海総合指数       終値は35.2864ポイント(1.29%)安の2705.
1565。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は41.593ポイント(1.25%)安の3273.691。
    中国共産党機関紙、人民日報は6日の論説で、「国を統治するということは、ビジネ
スをやるような事ではない」と指摘し、トランプ大統領の行動が米国の信頼性を危険にさ
らしているとの見方を示した。
    また、人民日報系の環球時報は4日、政府が3日夜に発表した600億ドル相当の米
国製品に対する追加関税は合理的だと述べ、米国による関税措置は脅迫だと批判した。
    業種別では、不正ワクチン問題の影響が尾を引く中、消費関連株とヘルスケア株の下
げが目立った。
    ヘルスケア指数は4.00%安。生活必需品指数は1.78
%安。
    不動産株も一段の投機抑制策への思惑から下落。不動産指数は2.20
%下落した。
    方正証券(北京)のアナリスト、Yang Weixiao氏は「米国との貿易摩擦を受け、中国
の経済成長には比較的強い下押し圧力がかかるだろう。リスク志向も引き続き悪化する可
能性がある」と指摘。
    流動性がなおタイトなことから、上海総合指数は2016年から主要な心理的節目と
みなされている2638まで下落することもあり得ると予想した。

    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below